浅倉カンナVSアリーシャガルシア、世紀の一戦RIZIN

この記事は2分で読めます

12月29日(木)、さいたまスーパーアリーナで開催される「Cygames presents RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX2016無差別級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND」が開催されます。

そのなかで注目のカードが

浅倉カンナ選手VSアリーシャガルシア選手です。

あまり知られていなかった女子格闘技の世界。

現役女子高生の浅倉カンナ選手とは?対戦相手のアリーシャガルシア選手とは?

以下彼女たちを追っていきます。

スポンサードリンク

浅倉カンナ 経歴

なんと驚きなのが現役女子高生であるという点なんですが、彼女のことを調べてみました。

  • 浅倉栞奈 19歳
  • 平成9年(1997年)10月12日生まれ A型
  • パラエストラ松戸所属
  • 7歳ころからレスリングを始め、中学3年生のとき、ジュニアクイーンズカップ&JOCジュニアのカデット43kg級で2冠を達成
  • 高校1年生で高校総体46kg級で3位
  • 平成26年(2014年)10月VTJでデビュー

輝かしい戦績を持っている理由に、お父さんとの二人三脚の歴史が刻み込まれています。

きっと輝かしい戦績の下に計り知れないくらいのトレーニングのたまものなんじゃないかと想像できます。浅倉カンナ選手のお父さんがブログを運営しています。

「我が家のトレーニング日記」

アリーシャガルシア 経歴

  • 1993年(平成5年)12月8日生まれ
  • 154.9cm 48kg
  • 高校時代からレスリングを始める
  • 短大で肩の怪我のためMMA(総合格闘技)に転向
  • デビュー戦で1本勝ちするもその後連敗
  • 元UFCヘビー級王座ジョシュ・バーネットに弟子入りし1年間修行ののち今回のRAIZINで再デビュー

勝った試合を見ましたが、打撃をつぶして→投げ→パウンドで一気に畳みかけていました。

アリーシャガルシアは初の海外試合が日本で行われるということです。

 

試合の概要

48kg契約5分3ラウンドで行われます。

試合の展望はプロでの戦績を考えると

  • 浅倉カンナ選手が5勝1敗
  • アリーシャガルシア選手1勝2敗

ということだけを見ると試合をしている浅倉選手有利か?なんて勝手に想像してしまいますが、ジョシュ・バーネットさんの弟子入りをして1年間みっちりトレーニングをしていたのは正直侮れません。

 

まとめ

RIZINの女子格闘技は年々盛り上がりを見せています。総合格闘技という世界が男の闘いであったのが、「ジョシカク」という言葉とともにすっかりメジャーへと這い上がってきました。

今年の大みそかはきっと、「ジョシカク」が盛り上がること間違いなしです。浅倉カンナ選手VSアリーシャガルシア選手の世紀の一戦は12月29日です。

 

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。