有村智恵の現在(2017)は痩せた?彼氏や結婚,成績低迷の理由についても

この記事は3分で読めます

宮城テレビ杯ダンロップ女子ゴルフトーナメントに有村智恵選手が出場されるそうですね。

こんにちはノリスケです。

有村智恵選手といえば中学や高校で活躍され、平成18年(2006年)にプロとなってからも数々の大会で優勝、獲得賞金も1億を超え、容姿端麗なことからもCMなどでも人気だったんです。

その後アメリカツアーに参戦していたんですよね。

調べてみると「有村智恵 現在 やせてる」とかあったので…

 

「あ、確かに」
と思うような感じでした。飛ぶ鳥を落とす勢いだったあの頃とは違うんですね…

何か寂しい気がします。

今回は有村智恵選手の現在や熱愛彼氏、結婚などを調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

有村智恵選手

  • 有村智恵(ありむら ちえ)
  • 昭和62年(1987年)11月22日生まれ 29歳
  • 熊本県熊本市東区出身
  • 159㎝ 57kg
  • 熊本市立尾上小学校卒
  • 九州学院中学卒
  • 東北高等学校卒

熊本市出身の有村智恵選手。

熊本地震もあって、昨年平成28年(2016年)に日本ツアーへ復帰しています。

この辺のことは様々な言われようで…「アメリカツアーが不振だったから日本へ」とか言われていますね。

そこはプロですので結果が全てとなりますね。

 

経歴

さて、小学校4年生からゴルフを始めた有村智恵選手。

ゴルフを始める前には水泳をしていて九州大会まで出場した経験を持ちます。

九州学院中学の3年生の時には女子12‐14歳の部で全国優勝を果たしています。

高校には当時憧れの宮里藍選手を追って東北高等学校へ。数々の大会で上位入賞を果たし、日本ゴルフ協会より奨励賞を受賞しています。

高校卒業後には再び熊本を拠点としてプロツアーに参戦します。

その後の快進撃は印象に残っている通りなのだと思います。

平成20年(2008年)プロミスレディスゴルフトーナメントにおいて20歳220日で史上6位の最年少記録で優勝しました。

翌年の平成21年(2009年)第37回宮城テレビ杯ダンロップ女子オープントーナメントで4勝目を挙げ日本女子史上10人目の年間賞金1億円を突破したのでした。

この頃はテレビに出ても凄かったですよね。CMにも出演されて。

 

スポンサードリンク

 

現在は

平成24年(2012年)前に国内女子ツアーで通算13勝を挙げて、同年アメリカ女子ツアーの予選会を突破、翌平成25年(2013年)から本格参戦するも悲願であったアメリカでの1勝に届いていませんでした。

そんな中、昨年の熊本地震の後、

5月23日に主戦場としている米女子下部シメトラツアーから撤退し、国内ツアーに復帰を目指す意向を示したものでしたから散々な言われようだったのでしょう。

 

成績低迷の理由は?

よく女子ゴルフでは、恋愛問題でミスショットなんてよくある話のようですね…

アメリカ滞在中に交際していた男性と遠距離恋愛によりコンディションの調整ミスから調子を崩していったともいわれています。

この方とは自然消滅のようです。

 

2017年現在は?

今年は日本ツアーに復帰していたのですが…

22大会に出場、ヤマハレディスオープン葛城での11Tを最高位に低迷しています…。

中でも予選落ちが5試合ありました。

2017年度は獲得賞金¥11,645,856の66位です。

しかしながら…

次の宮城テレビ杯ダンロップ女子オープントーナメントは実は思い出の地でもありますね!

第2のふるさと宮城県(高校時代は東北高等学校)ですし、

8年前のこの大会において、4勝目を挙げ獲得賞金1億円を突破した大会です!

 

 

彼氏や結婚の話は…?

以前交際していた俳優の南圭介さんと破局してからの噂は…

ありました動かぬ証拠壁ドン画像!

 


でもこの男性…!?

具志堅用高さんですね。

ということで、今は噂の人はいないのでしょうか?

現在29歳ですしね。

今度は男性問題でバンカー落ちのミスショットがないことを祈るばかりです…

 

スポンサードリンク

 

まとめ

間もなく開催の宮城テレビ杯ダンロップ女子オープン。

思い出の地宮城で復活ののろしがみたい…

今後の有村智恵選手に注目ですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。