新井見枝香の新井賞とは?経歴や年収についても調べてみた

この記事は3分で読めます

こんにちはノリスケです。

1月30日火曜日夜11:00放送の「セブンルール」に新井見枝香さんが出演されます。

新井見枝香さんは三省堂に勤めているOLさんですが、実は「カリスマ店員」として出版業界では有名なんだとか。

Mieka Araiさん(@honya_arai)がシェアした投稿

芥川賞・直木賞・新井賞

だなんて…

ホントにこうして同じ列に並べているんですね。

番組予告では、

新井見枝香さんが独自に「新井賞」というのを本の帯につけて売っていたりするんですが、

これは手作業でもできそうですよね。

でも本当の理由は、

彼女がおススメする本は絶対に売れるというということからなんだとか。

もはや最強の書店員ですね。

そうなると気になるのが、新井見枝香さんの経歴や年収ですよね。

今回は新井見枝香さんについて調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

新井賞とは?

出版業界の間で話題となっている新井賞。

でも記者会見が行われるのは歴史のある芥田川賞や直木賞で新井賞は新聞記事にもなりません。

マスコミが芥川賞・直木賞受賞と宣伝しまくった本よりも売れ行きが良いのが新井賞。

権威ある賞よりも売れ行きが良くなると必然的に注目されますよね。

選考委員が新井見枝香さんただ一人。

というのも注目すべきポイントかも知れません。

そんなに売れるのであれば、徐々に注目される理由もわかりそうですね。

それでは新井見枝香さんについてみてみましょう!

 

新井見枝香さんの経歴は?

 

  • 新井見枝香(あらい みえか)
  • 昭和55年(1980年)生まれ 37歳
  • 東京都台東区出身
  • 三省堂書店勤務

両親も本好きの家庭に育ち、音大附属の学校に通っていた新井見枝香さん。

吹奏楽ではホルンを吹いていました。

大学に進学し、ロックバンドをしていたそうです。

ライブやバンド活動をしながら大学に通っていたものの、中退。

ロックバンドも解散してしまいます。

その後、三省堂有楽町店のアルバイト募集の張り紙を見つけて

アルバイトで働くようになりました。それが10年前…

27歳の頃。

 

スポンサードリンク

 

三省堂入社

契約社員を経て、販売実績が認められたことから正社員へとステップアップしていきました。

その後本店の営業本部にも抜擢されています。

平成26年(2014年)には新井見枝香さんが独自に選考する「新井賞」を設立します。

なんと驚くべきことに芥川賞・直木賞と同日に新井賞も発表していることですよね。

今や本屋大賞の実行委員、コラムの連載や文庫解説、本の帯のコメントなどの依頼も殺到しているようですね。

更にトークイベント「新井ナイト」も開催。

本を売るだけじゃない何かがありそうです。

出版業界が注目しているのは更に、新井見枝香さんの店頭POPや平積みのレイアウトなど、細かい点にも秘密がありそうですね。

平成29年(2017年)12月には初のエッセイ本も出しています。

「探しているものはそう遠くはないのかも知れない」

この書籍の面白いことは、「本屋さんであったいい話」「出版業界の未来」的なことは一切書いていないエッセイ本をコンピュータ書で有名な秀和システムより出版されているんですよね。

今までの常識を壊している感がありますね。

でも新しいものを生み出すのは、いつも古い価値観や常識を打破して世に出てきますよね。

 

スポンサードリンク

 

年収は?

書店年収ランキングでは三省堂書店は10位となっていました。

けっして高いとは言えない書店員の年収。

紀伊国屋の大卒の初任給は20万円程度なんだとか。

そこから算出すると240万円~300万円くらいですね。

37歳の新井見枝香さんの年収は4~500万円くらいのようです。

さらに…

書籍の出版や、トークイベントなどでもいくらかもらっていそうですよね。

ちなみに…

書籍の出版をすると、印税が入ってきますよね。

これっていくらぐらいだと思います?

刷り部数の契約か、実売契約で違うようですが、

刷り部数の場合発行した部数分の印税が入り、

実売契約だと売れた分が印税として入ってきます。

よく言われる本1冊の10%くらい

1,080円(税込み)で1冊売れると100円が入ってくると言う計算になりますよね(かなりざっくりとしています)

まだ出して1カ月程度ですので、初版5000部だとすると…

500,000円くらいということに…

ボーナス分として考えられそうです。

そう考えると、実際の年収はそれほどもらっていないと言えそうですね。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

カリスマ店員と言われ、本屋大賞の審査員や、新井賞という賞を出している新井見枝香さん。

中々厳しい出版業界の中で頑張っているんですね。

今後の新井見枝香さんに注目ですね!

今回のテレビ放送で何か新しい情報が入り次第追記します。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。  

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。