阿部菜々実がかわいい!ツイッターの美脚画像や山形の中学もリサーチ

この記事は3分で読めます

ついにデビューしたラストアイドル!センターの阿部菜々美さんがとってもかわいくて気になりました。

こんにちはノリスケです。

阿部菜々美さんは元々pax puella(パクスプエラ)という 仙台を中心に活動しているご当地アイドル出身だったんですね。

今回は阿部菜々美さんのwiki情報を含めて、調べた内容をツイッターやYouTubeの動画も織り交ぜつつまとめてみました。

【関連記事】ラストアイドルのメンバーについて書いた別記事がありますので最後までお見逃しなく!

 

スポンサードリンク

 

阿部菜々美さん

 

妹さんがいたんですね。

サンタさんを楽しみにしているって…かわいい!

ではまずwiki風プロフィールからいってみましょう!

 

  • 阿部菜々実(あべ ななみ)
  • 平成14年(2002年)5月17日生まれ 15歳
  • 山形県出身
  • 168cm
  • O型

「mImi」(ミミ)というアイドルグループからはじまり、

pax puella(パクスプエラ)という 仙台を中心に活動しているご当地アイドル出身なんですが…

なんと3歳の頃からダンスを習い始めたのだとか。

山形出身というと、橋本マナミさんを始め、本上まなみさんや佐藤唯さん、最近では華村あすかさんなど美女揃いですよね。

 

mlmiやpax puellaのお宝動画も

元々mlmiとして平成27年(2015年)にメジャーデビュー、仙台を中心に活動をしています。

メンバー入れ替え後も活動を続けて、新たにpax puella(パクスプエラ)と改名しました

小学校5年生の阿部菜々美さん。「みやぎまるごとフェスティバル2013」

に出演されていたんですね。場所が仙台市の勾当台公園です。

かわいくてヤバいです!

mlmiアイドル横丁まつりに出演されていた頃の阿部菜々美さん。

見ていると結構本格的なんですね。

そこでもやはり、美脚の阿部菜々美さんが目立ってますね~。

pax puella(パクスプエラ)の動画です。10月15日の頃でしたので、ラストアイドルに挑戦中だったころですね。

だんだん洗練されていく感じですね。元々東北でご当地アイドルとして活動されていて、一歩一歩着実に大きなステージに上がってきていますね。

全然ご当地アイドルには見えない~。

ラストアイドルのセカンドユニット?とすら思えそうな感じです。

それもそのはず、所属レーベルがavexからですから!

今後はラストアイドルも兼任していくようです。

 

スポンサードリンク

 

中学はどこ?

山形第一中学校という情報がありました。

その根拠となったのがこちら→山形第一中学校「いのちの日便り」

刊行が2015年(平成27年)で当時1年生ということから、山形第一中学校ではないかと言われています。

まだ確定した情報ではありませんが。

ちなみに「阿部さん」という姓は全国で20万いると言われています。

山形では「阿部」が6位の姓であることからも同姓同名の可能性も否定しきれないためですね。

また現在15歳、

今後受験ということを考えると、高校はどこに通うようになるのか?

また拠点を東京に持っていくことになると東京の高校に通うようになるのかも?

そちらも気になりますね。

新たな情報が入り次第追記します。

 

あすなろ学院のCMにも

じつはあすなろ学院のCMにも出演されていた阿部菜々美さん。

その時の動画がこちら。

今とちょっと違い、幼さが残りますね。

でも目がぱっちりしていてとってもかわいいですよね!

 

スポンサードリンク

 

美脚画像も必見

 


パクスプエラで活動されているところのオフショットでしょうか。
改めて顔が小さくて脚が長い!


これは笑っちゃいますね。
脚がやたら長いのは阿部菜々美さんですね。
やっぱり、阿部菜々美さんの特徴ともいえそうですね。
脚が長いのと美脚と。

 

まとめ

最後にこんなつぶやきが

今後ラストアイドルと、パクスプエラも兼任で務めていくようですね。

今後の阿部菜々美さんに注目ですね。

ラストアイドルメンバーがかわいい!wikiについても調べてみた!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。