阿部哲子アナウンサーの離婚理由は?夫の延広耕次郎との慰謝料,親権も

この記事は3分で読めます

元日本テレビで現在フリーの阿部哲子アナウンサーが5月に離婚していたことを、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金・21:00)の生放送でコメントしました。

こんにちはノリスケです。

なんと自身の離婚の記事を読み上げるという異例中の異例で生放送でコメントまでしちゃいました。

それで照れ笑いを浮かべながら

「おめでとう」

と言われたそうです。

???

なんで?

って思いますよね。

それがこの動画

それにはさすがの阿部哲子アナウンサーも

「おめでとうなんですかね。誰にも言わなかったのに…」

と困惑の表情に。

今回は阿部哲子アナウンサーと夫延広耕次郎さんとの離婚理由や親権、慰謝料や養育費についても調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

阿部哲子アナウンサー

まずはプロフィールと馴れ初めを。

  • 阿部哲子(あべ あきこ)
  • 昭和53年(1978年)11月4日生まれ 38歳
  • 千葉県浦安市出身
  • A型
  • 横浜国立大学経営学部卒
  • イヌ派のネコ舌(オフィシャルブログ)

平成13年(2001年)に日本テレビにアナウンサーとして入社します。

平成18年(2006年)には交際して4年目のTBS報道記者延広耕次郎さんと結婚します。

交際4年目?

ということは阿部哲子アナウンサーが入社して翌年には交際開始だったんですよね。

その当時夫の延広耕次郎さんはバンコク支局に出向勤務だったために婚姻届けを1人で出しに行ったそうです。

これもまた…

しばらく別居状態が続いたものの同居するために平成19年(2007年)9月30日付で退社しました。

その翌月、10月6日には都内で結婚式が執り行われました。

そのままバンコクへ移住します。

平成21年(2009年)に第1子の男児を出産します。

平成24年(2012年)にはジュエリーブランドVertigoを立ち上げます。

 

夫延広耕次郎さん

 

 

 

 

 

【日本タレント名鑑より出典】

延広耕次郎さんの職業はTBSの報道記者。

生まれは昭和51年(1976年)生まれで今年、41歳ですね。

以前、平成21年(2009年)8月にアフガニスタンのカブールに出張し、治安当局に連行された過去を持ちます。

 

 

スポンサードリンク

 

離婚理由は?

Yahoo!ニュースによれば、

「簡単には言えませんが、価値観がだんだんずれていって、溝が埋められなくなった」

【Yahoo!ニュースより出典】

との事だそうですが…
果たして?

公式ブログにこんな気になる記述が

謎の絵

お母さんとお父さんが
手をつないでました。

というタイトルがついた絵ガーン

私達夫婦は1度も手を繋いだことが
ないのになぁ汗   なんでだろはてなマーク
結婚した直後、やっと手を繋いで
外を歩ける~ニコニコ と喜んでいたら
あっさり夫に拒否されたので
それ以来ありません…しょぼん
ちょっとした悲劇あせる

でも、お父さんよりお母さんの方が
大きく描かれてるもんねシラー
ちび太郎は私の方が好きだもんねシラー
夫には勝っているグー

と密かに喜ぶ器の小さい私ですラーメン

 

価値観の違いってこんなところからもあったのかも知れませんね。

さらに、阿部哲子アナウンサーがジュエリーブランドを立ち上げた=独立採算の目途がついた

というのも遠因なのかも知れません。

 

慰謝料や養育費は?

慰謝料などの詳細はまだわかっていません。

養育費は支払っているのでしょうか?

ちなみに…

養育費は20歳になる月まで発生します。

養育費の額は年収によっても違うことから一概に言えないです。

ただ算定方法は裁判所のHPにも記載があるのでそちらを参照してみてください。

 

親権は?

阿部哲子アナウンサー側が持つそうです。

通常は母親になりがちですよね。

円満に離婚したとの事ですから、父子との関係も変わらず会ったりできるってことになるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

まとめ

阿部哲子アナウンサーが離婚していたというニュースを自分自身で読むという何とも皮肉な結果になりました。

ただ、円満離婚が成立していたようですので、ドロドロの離婚裁判には至らないということなんでしょうね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。