「がっちりマンデー」出演の厚切りジェイソン、黒船ビジネスに

この記事は2分で読めます

厚切りジェイソン、といえばIT企業の役員をしながら芸人もしている二足のわらじというイメージがあります。漢字の解説をしながら「Why Japanese People!」と絶叫しているネタが2015・2016年のR-1グランプリファイナリストとして有名になりました。今やテレビに引っ張りだこの厚切りジェイソンさんは本日TBSの「がっちりマンデー」に出演されます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy [ 厚切りジェイソン ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/11/27時点)

 

経歴

名前 厚切りジェイソン
生年月日 1986年4月9日
出身地 アメリカ
身長 186cm

ミシガン州立大学卒業(入学は飛び級!)

その後イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の大学院を卒業しました。現在はIT企業の役員もやっている二刀流芸人です。

【出典ワタナベエンタータイメントより】りhttp://www.watanabepro.co.jp/mypage/40000169/

大谷翔平選手とともに「二刀流」という言葉ががよく似合いますよね。どちらも超一流です。意外と全く違うことをしているようで実は根の奥深いところでは共通しているところがあります。

名言

厚切りジェイソンさんの名言はツイッターなどで発信しているものが多いようです。

失敗は大したことないことだと気付くしかない。みんな失敗するよ。恥ずかしくも何もない。当たり前だ。失敗したらやりかたを変えてもう一回。失敗すれば成功に近づけているだけ

ポイントは頑張らないことではなく、頑張る前に頭を使うことだ。全力で頑張るは大前提。ただ、賢く全力で頑張った人がかなり有利

ツイッターから出典

結構出ているようでその他にも書籍などで紹介していますので是非。

ちなみに私は、その言葉の一つ一つに重みがあるなと感じます。アメリカ人でありながら、日本語で考えて発信する、正に二刀流ですね。

まとめ

IT企業役員としての顔と芸人としての顔、どちらも真剣な彼の発言や立ち振る舞いなど、とても学ぶことが多いと感じます。

テレビでもコメンテーターの立場でグローバルな意見を言いたいからトーク力を磨く

と、言っています。

結局人は言葉にしないとその人であったり、その人の事を知ることは出来ません。話すことによってその人はどんどん磨かれていくという事を彼の言動から感じます。

今後も厚切りジェイソンさんに注目ですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。