金正恩(キムジョンウン)亡命の可能性?大紀元が報じる!Xデーは5月?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

最近北朝鮮関連の話題が上がっていますね。

そんな中こんな情報が!

金正恩亡命!?

北朝鮮が新たな核実験に踏み切るかどうか注目を集める中、

中国当局が、金正恩朝鮮労働党委員長に亡命するよう

説得しているとの可能性が伝えられている。

韓国紙「朝鮮日報」(10日付)は、

現在韓国国内の情報誌の内容を引用し、

「4月末までに、中国当局が金正恩委員長の亡命を説得する。

説得が失敗に終われば、米国は先制攻撃を加える」と報じた。

【大紀元より出典】

ついに…というか

亡命を説得して応じたら、今度は北朝鮮はそうなるんでしょう?

韓国は?

それもありますが、核保有国と思われている国に攻撃をするのも

おそらく初の出来事となりそうです。

難しすぎて頭がパンクしそうです…

アメリカの動き

アメリカが日本海に空母を派遣したばかり。
ペンス副大統領が、現在訪韓中でYahoo!ニュースでも

「我々をテストしない方が」 米副大統領、北朝鮮に警告という題名で

紹介されていましたね。

それによると

ペンス氏は共同発表で、北朝鮮への対応について

「すべての選択肢はテーブルの上にある」とし、

軍事力行使も辞さないとする米政権の考えを表明。

米軍が最近、シリアのアサド政権の空軍施設やアフガニスタンにある過激派組織「イスラム国」(IS)

の拠点を攻撃したことを挙げ、

「全世界は(トランプ)新大統領の力と決意を目撃した」

と述べた。

「通常兵器や核兵器などいかなる攻撃にも圧倒的、効果的に対処する」とも語った。

ここで気になるキーワードが、「すべての選択肢はテーブルの上にある」

です。

北朝鮮の動き方次第で…

ということを示唆していそうですね。

スポンサードリンク

ニューズウイークにこんな記事が

「北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決まる?」

との見出しで、

トランプ氏はこれまで「中国が(北朝鮮への圧力を)強化しなければ、独自に行動する準備ができている」と発言してきた。

いよいよしびれを切らしたら、どのような行動に出るのだろうか。考えられるオプションのひとつに金正恩党委員長に対する「斬首作戦」があるが、

これは韓国軍の協力なしに実行することは不可能だろう。

ほかにも、韓国の意向によって、米国が対北朝鮮で出来ることと出来ないことには大きな差が出てくる。ということは、5月に行われる韓国大統領選の結果が正恩氏の運命に大きく影響する可能性があるということだ。

とありました。

いよいよもって、交渉の場へ引きずり込んでくるのか、それとも…!?

そんな緊迫感や緊張感が漂ってきているんですね。

スポンサードリンク

まとめ

金正恩亡命で一応の戦争回避となるのか、また最悪の場合、

戦火によって被害を受けるのは確実に韓国や日本なんでしょうか?

皆さんはどう感じましたか?

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。