日本ハム移転問題(最新)理由は?候補地はどこ?賛否両論問題点も

この記事は3分で読めます

以前からプロ野球日本ハムファイターズの本拠地移転が話題になっていましたが、いよいよ現実のものとなりそうですね。

こんにちはノリスケです。

日本ハムファイターズの本拠地移転で気になるのが移転の理由を振り返るとともに、更に候補地が数件上がっているようですね。

それらを調べてみました。

 


スポンサードリンク

 

日本ハム移転の理由

日本ハムファイターズは平成16年(2004年)に北海道に移転、その時に札幌ドームを本拠地としました。

利用条件がとても厳しかったのだそうです。

以下問題点を

球場使用料

現在日本ハム側は札幌ドームを借りている状態なんだそうです。

1試合ごとに球場使用料を支払っている状態。これが年間70試合くらいなので約9億円といわれています。

更に

  • 広告看板代2億5000万円
  • 警備費清掃代などの雑費で15億円

合計で26億5000万円を札幌ドーム側に支払っているのだそうです。

球場に関する問題点

これでまだ、球場内に入っているグッズや飲食店など他のものの売り上げがあればそれほど大きな問題とならなかったのでしょうが…

飲食店の運営、売り上げは全てドーム側に。グッズなどは卸すという形態にして

いました。

更に…

ここは個人的には首をかしげざるを得ない話ですが…

札幌ドームでコンサートやイベントなどで使用されるときに(日本ハムの試合とは全く関係ないのに)日本ハム側がフィールドシートの撤去や設置、片付けの費用、更にさらに、警備や清掃などの費用も日本ハム側もちなんだとか。

それでは経営権が日本ハム側にあれば、利益はあるので丸く収まるのでしょうが、

支払いは全て日本ハム側に。

利益は全て札幌ドーム側に。

では不満がたまっていくのは当然のことですね。

大家と店子(たなこ)ですからね。

交渉をずっと続けてきた経緯もあったようですが、認められなかったのですね。

球場経営は悲願

楽天や、横浜、千葉ロッテ、広島などは独自に球団経営をしているため、経営の安定化が実現しました。

個人的な意見ですが、楽天koboスタジアムは元々県営の球場でしたが、今や観覧車などもあったり、かなりユニークな仕掛けが盛りだくさんです。

独自の経営で試合観戦という目的と、そこにいて楽しむという2つの目的があると、楽しいですよね。

 

スポンサードリンク

 

移転候補先は?

 

移転先の候補が5つもあるというのは、札幌市は広大ですね。

さすが「北海道はでっかいどう」

そして候補地が5つもあったのが、

  • ケーズデンキ月寒ドーム+八紘学園所有地
  • 北大構内
  • 北広島市

と3つにまで絞られました。

賛否両論の移転

とここまで日本ハム側と札幌市との協議が進められている一方で、

気になるのが、市民の反対が44%となっているとのこと。

まあ賛成が56%ですから過半数をとっていますね。

でもこれは、札幌市側から見た場合と、日本ハム側から見た場合とで見え方もまるで違います。

5月2日のYahoo!ニュースでは

札幌ドーム残留「議論しない」日ハム球団代表 会談の札幌市長に明かす

プロ野球北海道日本ハムの新球場建設を核とするボールパーク構想で、札幌市の秋元克広市長は1日、島田利正球団代表と4月に会談した際、現本拠地の札幌ドーム残留を議論する余地がないか尋ね、島田球団代表から「もうない」と伝えられたことを明らかにした。

これだけを見ると、「え?今のままでいいじゃん」

と思えますよね。でも今までの経緯から言うと

「日ハム側でこんなに費用負担しているのにひどくない?」

って思いますが、皆さんはどう感じましたか?

 

スポンサードリンク

 

まとめ

ここまで移転の問題点や理由、移転先を挙げてきましたが、今後進展するのは移転先はどこに?いつ?ということ。

最新のニュースがあるたびに更新していきます。

どんどん追記していきますね。

今後も日本ハムファイターズの本拠地移転は注目ですね!

 

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。