チケトレの評判や利用方法まとめ!料金についても調べてみた!

この記事は2分で読めます

5月10日より、チケトレのプレオープンなんだそうです。

こんにちはノリスケです。

コンサートやライブイベントなど、どうしても行きたい!

または行けなくなったって時に高額転売が問題になっています。

そんな時に定額で売買できると便利ですよね。

今回はチケトレの評判や利用方法、料金など調べましたので紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

チケトレの評判は?

チケトレの開始時期は

  • 5月10日(水)12:00にプレオープン
  • 6月1日(木)12:00に正式オープン

正式には来月からなんですが、すでにプレオープンしています。

その間に、いろんな問題点を是正していくものと思われます。

この方非常に親切で、表を作成してくれています。

こうしてみると手数料が高いですよね。

今まで高額転売をしていた人を問題視していた側からすると、

そもそもの問題点は自分達が仲介していないところで、転売すること自体がけしからんってことだったの?

っていう見方になっちゃいますね〜。

さらに…

どこも手数料高過ぎって批判の方が多い気がしますね。

利用者は損するばかり?

売る方は損しそうですが、買う側からすると定価より高額チケットを買わされることがないだけマシってことかも知れませんね。

 

スポンサードリンク

 

利用方法について

こちらが公式サイトの画面ですね。

出品者

  1. 初めて利用する際は本人確認のため個人情報を入力
  2. 行けなくなったチケットの情報を入力
  3. チケットの発送
  4. イベントの4日後に代金が振り込まれて取引終了

評判の欄にもある通り、出品者側には全くメリットがありませんね。手数料も高過ぎって評判でしたし…

チケット購入

  1. 初めて利用する際は本人確認のため個人情報を入力
  2. チケットを購入、振込
  3. チケットを受け取り(出品者から直接受け取り)
  4. イベントに行く!

利用方法はそれほど難しくはなさそうですね。

購入者側からしたら、ビックリするほどの高額転売にならないくらいなのが唯一救われているような気がします。

利用料金

利用料金はそれぞれから手数料が取られるんですね。

  • 出品者 チケット料金の10%+¥380
  • 購入者 チケット料金の10%+券面金額×0.03円

例えば¥6,500のコンサートチケットの売買で見てみましょう。

  • 出品者¥6,500+¥650+¥380=¥7,530
  • 購入者¥6,500+¥650+¥195=¥7,345

になりました。

転売で儲けるのじゃなく、行けなくなったイベントになるべく損をしないように…

というコンセプトなんでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

チケトレの評判や概要については、なんとなくおわかり頂けたでしょうか?

手数料ばかり気になりますが、正直メリットをあまり感じないですね。

その中でも、行けないチケットを無駄にはしないという点においては、いいのかも知れませんね。

今後の展開に注目ですね!

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。