ストロベリームーン(2018)の時間や見頃は?恋を叶えてえくれる理由も

この記事は2分で読めます

こんにちはノリスケです。

6月28日の夜空はストロベリームーンが見頃です。

別名「恋をかなえてくれる月」とも言われ日本の夜空でも見えるようですね!

今回はストロベリームーンの見える時間や場所など調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

ストロベリームーン概要

 

 

kaz💜tさん(@kazituki17)がシェアした投稿

とっても幻想的な月ですね。

日本全国で見られますね。

ストロベリームーンの由来は?

元々はネイティブアメリカンがつけた6月の満月の総称だそうで…

イチゴの収穫時期と、月が赤みがかかっているその様子がイチゴに例えられたようです。

ヨーロッパでは「ローズムーン」というそうですね。

 

スポンサードリンク

 

恋をかなえてくれる月?

このストロベリームーンは恋をかなえてくれる月ともいわれています。

理由を調べてみましたが出所はハッキリせず詳しいことはわかりませんでした。

しかしながら…

月の引力が人の生活に重要な影響を及ぼしているのはよく知られています。

満ち潮や引き潮を始め、人のバイオリズムも影響を及ぼしていることはよく知られていますね。

例えば出産などは満月の日に多いとか、女性の月経とも言いますよね。

さらに…

統計的に満月の夜に犯罪が多いというのもあるのだとか。

そうしたことからも月の引力の影響が大きいため、いつのまにかそういういわれになったかもしれませんね。

 

ストロベリームーンの見える地域は?

しらべてみると…
28日の夜の天気図はこんな感じですね。

 

天気図を確認すると…
九州から東北南部までの太平洋側では見れそうですね。
特に関東では梅雨前線が遠ざかっているのでインスタ映えするストロベリームーンが見れるかも。

 

時間帯は?

調べてみると…

19:30~21:30が見ごろのピークなんだとか。

ちょうど、フジテレビ系で日本対ポーランド戦の放送が始まるころですね。

でもキックオフは23:00ですよ!

 

まとめ

 

MIO妙 미오🌙さん(@miosaito30)がシェアした投稿

6月の満月をストロベリームーンというそうですが、
今年平成30年(2018年)は、特別の日となりそうですね。
それはワールドカップ予選最終試合のポーランド戦もかぶっているからですね。

ストロベリームーンを観つつ、その後のポーランド戦も応援しちゃいましょう!
それでは最後までお読みいただきありがとうございます!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。 [contact-form][contact-field label='名前' type='name' required='1'/][contact-field label='メールアドレス' type='email' required='1'/][contact-field label='ウェブサイト' type='url'/][contact-field label='メッセージ' type='textarea'/][/contact-form]

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。