雪が降ってからではもう遅い!雪かき用品の選び方

この記事は3分で読めます

大雪が降ったとき、除雪作業って結構しんどいですよね。わが家は宮城県の仙台市。太平洋側なのでほとんど雪が積もりませんが、年に数度積雪により除雪をすることがあります。こんにちはノリスケです。雪が降ってからではもう遅い!天候を見て早めの購入を。今回は除雪用具の選び方と値段、そして豪雪地帯の方は憧れの除雪機まで紹介していきます。

スポンサードリンク

除雪用具について

わが家もそうですが、ホームセンターに買いに行く頃って、雪のシーズンが始まる頃でしたらよいのですが、多くの方が1月過ぎてから買いに行きませんか?

大雪が降る頃では、ホームセンターには在庫なし、遅かったりとすることも…。

実は除雪用具は例年の実績で数が売れるとそれでおしまいとなりますので、実は早めの購入がよかったりします。

売れ残りは重たくて使いづらかったって経験ありませんか?

シーズン突入と同時に購入されることを強くお勧めします。

次に除雪用具の紹介です。

使用の用途に合わせて用具も変わってきます。

プッシャー

除雪の範囲が広い時にはこちらのプッシャーっておススメですね。

これは軽くて丈夫なものがおススメのポイントなんですが、新雪の下に氷などがあるような場合、足で無理やり押し付けようとするとあっという間に壊れてしまうので値段が安いと安易に買ってしまって、数回使用ですぐ壊れてしまうなんてこともあります。

スコップ

次にスコップ。用途が多いためいろいろなところで使えるのですが、いかんせん1回でかき出せる量がプッシャーより少ないため、狭いところには使えます。

逆に除雪地域が広いほど、作業量が大きくなり疲れてしまいますよね。

スノーダンプ

次に積雪量が多いと断然力を発揮するのがスノーダンプ。

1回の除雪量が一番多いため、大雪が降る地域には必須アイテムですよね。

雪国では雪捨て場がないとこのスノーダンプも活躍の場がなくなってしまいます。では捨てるのはどこに?って問題がありますが、家の庭やちょっとしたスペースに積み上げるのですが、これがまた重労働なんです。

フライパン…?

東京など関東方面は1年に1度か2度程度の積雪のため、しかも2月頃になればホームセンターには除雪用具が売っていません。そんな時に重宝するのがなんとフライパン。5cm程度なら問題なく除雪できるかも?

豪雪地帯、憧れの除雪機

ここまで人力に頼った除雪用具の紹介ですが、豪雪地帯に住む方は除雪機ほしいですよね。

でも中々高くて手が出ないんですよね…安くても20万はしますが、これはスゴイ!

 

こちらは家庭用電源を使用する電動タイプで、で10kgという軽量に25cmの積雪の場合、自動車1台分を2分で除雪完了、しかも押すだけ。これはスゴイです。¥21,800

こちらも電動です。

こちらは驚きの¥24,980

重量6kg全長が133cmと手軽に使用できそうです。ただUSA仕様ですのでコンセントはこちらに対応したものを別途購入しないとならないです。

 

極めつけはこれです。¥29,800

電動ですけど、最大6m雪を飛ばします。しかもライト付きで夜間でも作業できます。20mの延長コードまでついているとは。さすが日本文化センターで出してる除雪機ですね。
スポンサードリンク


まとめ

雪が降ってからホームセンターに行って除雪用具を買い求める時にはもう売り切れって経験ありませんか?そうなんです、その時にはもう遅かったりしますよ。そうならないうちに、除雪用具を買い求めることをおススメします。特に、除雪用具は遅いほど、重たくて使い勝手のよくないものしかないってことも多くあります。そうならないうちに買っておくことをおススメします。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。