ローソン銀行はいつから?理由やATM手数料についても調べてみた

この記事は3分で読めます

こんにちはノリスケです。

コンビニのローソンが銀行に参入するそうですよ。

現在(3月26日時点)で金融庁に銀行業の免許取得に向けて予備審査を申請すると発表しましたね。

いよいよローソン銀行が開業することになるんですね。

早速いつ開業になるのかなって気になり、調べてみると

平成30年度(2018年~2019年3月31日まで)を目標にしているのですね。

これまでコンビニで銀行があるのはセブン銀行ですが、

セブン銀行の手数料収入に比べてローソンの場合少なかったのも設立の理由なのだとか。

今後、ローソン銀行が開業となると、何かと競争の原理が働いて

私たち消費者にとって気になるのがATMの手数料ですね。

今回はローソン銀行の開業はいつなのか?

また、ATMの手数料はどうなるのかをセブン銀行と比較してみました。

 

スポンサードリンク

 

ローソン銀行開業はいつ?

 

イオン銀行やセブン銀行に次いで小売り業では3つめなんですね。

秋ごろ開業予定なんですね!

 

ローソン銀行開業の理由は?

ローソン銀行を開業するための理由として…

LANsはローソンと銀行42社による共同出資会社。

手数料収入の利益貢献が限定的だったのと、ローソンが独自の判断で金融サービスを展開することはできないのがその理由なんですね。

さらに調べてみると…

ローソンの社長交代で方針が変わったのも大きいようですね。

いずれにしても、設立から15年を経たセブン銀行と対抗するためには、魅力のあるサービスを打ち出さないと難しいかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

引き出しのATM手数料は?

取り扱いの銀行にって手数料も違うのですね。

銀行ごとにセブン銀行と現在のローソンでの引き出し手数料比較をしてみます。

ゆうちょ銀行や都市銀行ではほぼ一緒の手数料ですが…

楽天銀行をはじめ、ネット系の銀行はそれぞれ違うのですね。

以下比較検討してみました。

これが今後、ローソン銀行が開業することによってどう変わるのか気になりますね。

 

ゆうちょ銀行

全国どこでもつかえるゆうちょ銀行はセブン銀行でもローソンでも一緒なんですね。

平日は8:45~18:00まで、土曜日は9:00~14:00までが108円

それ以外は216円で変わりありませんでした。

 

都市銀行はほぼ同じ手数料

みずほ銀行、三菱東京UFJ、三井住友銀行、りそな銀行はほぼすべて一緒でした。

平日8:45~18:00は108円、

その他の時間帯は218円でした。

 

楽天銀行

私はネット上で買い物をするときはいつも楽天なので、その流れで楽天銀行を使うのですが…

セブン銀行

  • 引き出し 210円
  • 預け入れ 210円

ローソン

引き出し、預け入れともに270円

60円もの手数料の違いは気になりますね。

これでは絶対ローソンでは楽天銀行の引き出しや預け入れもしませんね

 

スポンサードリンク

 

じぶん銀行

こちらはステージごと、2回から11回の手数料無料期間が一緒ですね。

ただローソンでは24時間ですが、

セブン銀行はメンテナンスのため夜中の1:00~5:00まで取り扱いがないのですね。

 

ソニー銀行

セブン銀行ですとすべて手数料が無料でうが…

ローソンのATMは月4回まで無料、それ以降は108円の手数料がかかりますね。

 

スポンサードリンク

 

 

まとめ

今年の秋ごろをめどに開業を進めているローソン銀行ですが、

今後新しい情報が入り次第追記していきます。

ローソン銀行が今後とも気になりますね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。  

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。