じゃがいも高騰(2017年5月)いつまで?ポテチや市場価格を調査!

この記事は2分で読めます

ポテトチップスが一部販売休止となるなど、じゃがいもの値段が高いですよね。

理由は昨年8月の台風が生産地の北海道を大打撃してしまったからですね。

引き続き高い状態が続くそうです。価格は平年と比べて2割以上高くなると予想されますね。

 


5月も品薄のようですね…
新じゃがが5月の下旬以降出てくると思われますが…
価格の変動はどのように…

今回はじゃがいもの値段が高騰している現状を調べてみました。

値上げの関連記事でこちらも併せてご覧ください。

バター値上げ(2017)の理由や原因は?実は根深い構造上の理由

スポンサードリンク

ポテトチップスが高騰

じゃがいもが高いといった話題はカルビーや湖池屋などで、ポテトチップスの販売休止というニュースから、一気に品薄感が広まった感じですよね。

そこでヤフオクでポテトチップスで検索してみると出るわ出るわ、ピザポテトが高騰していますよ。

その中に「入手困難」「販売中止」などのワードも。

皆さん商売上手ですね~。

こんな高騰している時に買うのもどうかと思いますけど、品薄感が価格を押し上げる市場の原理なんですかね?

組み合わせでまとめ買いを誘導するという方法が参考になりました。

 

ないと困りますけど、別に食べないとならないくらい必需品でもないですし…
(ちょっとだけ強がってみた…)

スポンサードリンク

今後のじゃがいもの生産

農林水産省のデータによると現在のじゃがいもの生育量は平年並みということで、新ものが市場に出回ってくるまでが高いようです。

5月中は価格見通しが高値水準で推移していますね。

「東京都卸売市場における指定野菜の価格の平年比」というデータによれば

平年の130~150%なんだそうです。

余談ですが、たまねぎや白菜についても高値で推移しています。

いつまで?

というのが今後も気になるところですが、市場に出回る新ものが流通してこないと高いままなんでしょうね。

今後九州から生産が北上してくるということで、流通し始めるまでですね。

その間に災害が起こらないことを切に願うばかりです…

スポンサードリンク

まとめ

じゃがいもの高騰でポテトチップスの販売休止から始まった今回の騒動。

品薄感が広まると、「売っている今のうちに買っておこう」という心理が働き、それが買占めにもつながります。

是非、冷静に対応してもらいたいものです。

その中で、いつも思うのが

いつも売っているとあまり気にならないのですが、それが「高い」「ない」となると途端に欲しくなる、

よくよく考えてみれば、自然との共生だからこういった事は日常的にあり得ることですよね。

こうした状況だからこそ、生産者と自然に感謝しつつ、有り難くじゃがいもに思いをはせてみるのもいいのかなと思いました。

皆さんはどう感じましたか?

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。