任天堂クラシックミニが品薄!ネットでプレミア価格なら

この記事は2分で読めます

任天堂クラシックミニが昨年11月10日に発売され、全世界で150万台を販売して現在増産中、品薄状態なんだそうですね。こんにちはノリスケです。今回はその品薄状態の任天堂クラシックミニを紹介していきます。

スポンサードリンク

品薄で値段が高騰!

元値が税込み¥5,980ですが、ネットでは安くても¥8,000台、中には中古と明記したものも。新品より中古が高いという逆転現象が巻き起こっています。

新品でも…

これで¥8,313(送料別)定価より高い!品薄状態を表している値段体系…

 

え!?中古でも

こちらは中古なのにもかかわらず¥8,980…

新品よりも高い中古って…スゴイプレミア価格。

もはや何があって高値なんだかよくわからない気がします。

ポツポツと発売情報がツイッターで

抽選販売で買うというのも、入手するまでドキドキしながら待つのもイイかも知れませんね、ゲームを始める喜びがひとしおに…

店に行っても売っていないとどうしても欲しくなって、少々高くても買いたくなっちゃうんですよね。

実際の画面も

懐かしい画面ですね。昔は今と違い、スマホも、下手したらビデオすら何もなかったような時代でした。時が経つのも忘れてついつい熱中していたような気がします。

スポンサードリンク

まとめ

新品よりも高い値段でも売れている現状を考えてみると、ものすごい品薄感なんですね。こうした逆転現象を初めて見ました。時は金なりとはよく言ったものですが、将来落ち着くまでに待つのか、待てずに少々高くても買ってしまうのか考え方はあるでしょうが、よくよく冷静になって考えてからでも結論は遅くありません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。