NHK受信料裁判の判決は?契約が義務になる?解約方法についても

この記事は3分で読めます

NHKの受信料をめぐる支払いについて最高裁での判決が

12月6日に言い渡されます。

こんにちはノリスケです。

【追記】合憲との初判断がありました!

 

今回の受信料の支払いをめぐる裁判は、判決により様々なところに影響を及ぼしそうです。

今回は裁判の判決や契約が義務になるのか?

また解約の方法についても調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

判決は?

判決は6日に言い渡されます。

争点が…

テレビがあるのに受信契約を拒んだ男性に、NHKが受信料を請求できるかが争われた訴訟の上告審判決が6日、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)で言い渡される。男性側は、契約を強制するのは「契約の自由」を保障する憲法に違反すると主張。最高裁は受信料制度の合憲性やどの時点から受信料を支払わねばならないかについて、初判断を示す見通しだ。NHKの公共放送としての意義について言及するかも注目される。

放送法64条1項は「受信設備を設置した者は、NHKと受信についての契約をしなければならない」と規定している。

【Yahoo!ニュースより出典】

受信料の支払いは電気やガスの公共料金と一緒だと

集金の方は言いますが…

その中で、様々な面で解釈があり、いろんな意見があるので、そちらは割愛します。

 

スポンサードリンク

 

契約は義務に?

争点となっているのは放送法の規定が合憲かどうか?

というところのようで、

NHKの放送法によれば、

六四条

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第百二十六条第一項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。
【則】第二十一条
《改正》平22法065
2 協会は、あらかじめ、総務大臣の認可を受けた基準によるのでなければ、前項本文の規定により契約を締結した者から徴収する受信料を免除してはならない。

【放送法より出典】

よくNHKの集金に来る方が根拠にするものがこちら。

テレビがある以上、NHKの受信料を払え!ってくるやつですね。

これも最高裁の判決により、ガラッと変わる可能性があるため追記しますね。

でもよく見ると…

契約の義務になっても支払い期限がないんですよね。

通常だと「いつまでに」っていうのはあるのですが

電気やガス、水道などの公共料金の場合。

 

解約の方法は?

 

テレビがなくなると解約届を出して受理されると解約になるようですが…

色々と調べてみると、中々受理されないようです。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

今回の司法による判断によっては大幅に軌道修正

される可能性すら出てきました。

合憲の判断により、今後未払い世帯への影響は?

どうなっていくのでしょうか?

注目される点ですよね。

【関連記事】

イラネッチケーの購入方法は?価格や取り付け方法についても

それでは最後までお読みいただきありがとうございます!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。