はしか(麻疹)の予防接種の費用は?東京や名古屋での差や助成についても

この記事は3分で読めます

こんにちはノリスケです。
はしか(麻疹)がじわじわと流行の兆しになっているそうです。
大人になってからはしかに罹ると最悪の場合には
死に至る可能性もあるから要注意です。

新たに名古屋で感染したんですね。

今回は、はしかの予防接種の費用の比較として、

東京や名古屋を例に挙げて調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

はしかの症状は?

はしかは毎年春から初夏にかけて流行すると言われています。

この時期に、高熱や発疹が現れるとなると心配ですよね。

こちら家庭の医学からです。

一般的な症状ですので、はしかの疑いのある場合は、

すぐに医療機関に症状などを併せて、連絡することをオススメします。

 

 10〜12日の潜伏期ののち、発熱で発症します。

発熱期は咳、鼻水、結膜炎症状が強く、38℃以上の発熱が数日続きます。

病気の経過中、いちばん感染力が強い時期です。

その後、いったん解熱傾向を示しますが、すぐに耳後部付近から発疹が現れるとともに、39℃以上の発熱が数日続きます
発疹出現前後1、2日間に、口腔粘膜(臼歯の横付近)に白い粘膜疹(コプリック斑)が現れます。

この粘膜疹は麻疹に特徴的であるため、これを確認して麻疹と臨床診断されることがほとんどです。

発疹はその後、顔面、体幹、手足に広がって全身の発疹となり、数日後、色素沈着を残して回復に向かいます。
肺炎、中耳炎を合併することが多く、1000人に0.5〜1人の割合で脳炎を合併します。また、麻疹ウイルスに感染後、とくに学童期に発症することの多い中枢神経疾患として、亜急性硬化性全脳炎(SSPE)があります。知能障害、運動障害、ミオクローヌスなどの症状を示し、発症から平均6〜9カ月で死亡する進行性の予後不良な疾患です。発症頻度は麻疹にかかった10万人に1人程度といわれています。

【家庭の医学より出典】

 

 

スポンサードリンク

 

予防接種の費用は?

調べてみると…

予防接種には2通りの方法があり定期接種と任意接種に分けられます。

定期接種は国が定めたワクチンで、

接種時期、何歳から何歳までと期間が決められています。

3種混合など

乳幼児の場合は、市役所から通知が送られてきて無料でできますね。

それ以外、大人の予防接種は¥10,000が相場のようです。

インスタで調べてみたら…

ありました。

医療機関によって値段に差が?
こちらの場合…

 

 

maedamakotoさん(@_maedamakoto_)がシェアした投稿

病院によっても値段の差がありますね~。
地域が不明ですので以下東京と名古屋で相場を調べてみました。

 

東京では?

日本検疫衛生協会というサイトを調べてみると…

6,700円でした。

また医療機関によってバラツキがあり、また各医療機関によって在庫があれば対応しますとか

予約制の場合などがあります。

5,000円から12,000円で受けられますね。

また、港区では23区では初めて、全額助成されますね。

詳細はこちらから→港区HP

 

名古屋では?

名古屋市のHPによれば…

予防接種は助成があり、無料で受けられますね。

ただ抗体検査は自費となり条件についても定められています。

以下その条件を抜粋したのものです。

(1) 名古屋市に住民登録がある方

(2) 次のアからウのいずれかに該当する方

ア 妊娠を希望する女性

イ 妊娠を希望する女性のパートナー

ウ 妊娠中の女性のパートナー

(3) 事前の抗体検査の結果が以下に示す数値に該当し、風しんに対する免疫が不十分と判断された方

男性の場合 HI法で16倍未満の方、またはEIA(IgG)法(デンカ生研株式会社製キット)で6.0未満の方

女性の場合 HI法で32倍未満の方、またはEIA(IgG)法(デンカ生研株式会社製キット)で8.0未満の方

※国内で行われている風しんの抗体検査はほとんどがHI法、EIA(IgG)法のどちらかですが、既に受けた検査がその他の検査方法だった方は、医師にご相談ください。(検査方法によっては免疫が十分かどうか判断ができないものもあり、その場合は再度検査が必要となります。)

【名古屋市HPより出典】

 

名古屋市民であれば無料ですが、こちらは抗体検査を勧められて

その後の予防接種という流れが一般的なようです。

どの医療機関も6,000円から10,000円ほどで受けられますね。

やはり完全予約制の場合が多いですね。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

はしかは毎年春から初夏にかけて流行しますが、ニュースである通り空気感染や飛沫感染などもありとっても恐ろしい感染症ですよね。

特に大人の方で予防接種を受けられなかった方で、空港や人が多く行きかうようなところで仕事をしている人は、予防接種を受けられることを強くおススメします。

予防接種の費用についても各医療機関によってバラツキがあったり、費用に差がありました。

多くが完全予約制であることが多いので一度問い合わせの上、予防接種を受けられるといいのかもしれませんね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございます!

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。  

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。