ホラアナライオンの大きさは?画像やクローン再生で復活の可能性も?

この記事は2分で読めます

シベリアの永久凍土からホラアナライオンが発見されたようですね。

なんでも世紀の発見だったとか。

こんにちはノリスケです。

 


シベリアの永久凍土から発見されたそうです。
ほぼ完全に形が残っていること自体が非常に珍しいことのようですね。

DNAからクローン再生の動きもあるようで、

映画「ジュラシックパーク」の世界が本当に起こりうるかも知れないんですね。

今回は絶滅したホラアナライオンの大きさや、画像やクローン再生の可能性についても調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

ホラアナライオンの大きさは?

ホラアナライオンの体長はどのくらいだったのでしょうか?

ロシア極東のサハ共和国で、

1万年前に絶滅した肉食獣「ホラアナライオン」の氷漬けになった子供3頭が、永久凍土の中から相次いで発見された。

日本とロシアの研究チームが15日、発表した。ホラアナライオンは骨格と足跡がわずかに見つかっていただけで、完全体の発見は世界初。生態の解明につながると期待される。

兄弟とみられる2頭は2015年夏に見つかった。1頭は体長41センチ、体重2.8キロで、全身がほぼ完全に残り、しま模様の毛皮も確認された。もう1頭は頭と胸だけ見つかった。コンピューター断層撮影(CT)画像を東京慈恵会医大(東京都)で解析した結果、5万年以上前の個体で、生後1カ月程度とみられる。

【JIJI.comより出典】

今までは想像しながらこういう生態では?
仮定だったのが、判明していくというのがとっても新鮮ですよね。
ある意味、新しい見解が生まれる余地ができたのですから。

体長47.5センチ、体重4.6キロの、さらに成長した個体が見つかりました。

尾は少なくとも11センチあったとか。

 

スポンサードリンク

 

ホラアナライオンの画像も

ホラアナライオンはタテガミがないんですね。

その当時のクロマニヨン人が壁画に描いていたというのも驚きですね。

その当時マンモスを食べていたそうて生態系の頂点に立っていたことが分かっています。

 

クローン再生も?

現在の技術の進歩はとどまることを知らないですね。

 


クローンの再生が可能になると、様々な絶滅した動物で可能になってくるんですね。
まさにジュラシックパークの世界が現実のものになる日もそう遠くないのですね。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

ホラアナライオンの個体が見つかったことで今後の研究でまた様々なことが判明していきそうですね。

ホラアナライオンの生態に注目ですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。