エターナルラビリンス破産で返金は不可能に!損をしない方法は?

この記事は2分で読めます

Yahoo!ニュースを見ていたら、なんとエターナルラビリンス倒産のニュースが!

こんにちはノリスケです。

エターナルラビリンスを経営している(株)グロワール・ブリエと

ミスプレミアム(株)が東京地方裁判所に破産手続きが開始が決定された

ようですね。

会員数が9万人とかなりの方が利用できなくなって困りますよね。

今回はエターナルラビリンス破産により、どのようにすると損が

少なくなるのか考えてみました。

スポンサードリンク

破産の概要

脱毛サロン「エターナルラビリンス」など全国に約100店舗を展開していた。近年、急激に事業が拡大し、平成26年9月期には売上高約28億円をあげていた。しかし、脱毛サービスや支払方法などを誤認させる広告、解約金の不当な遅延、不払い等により、28年8月24日に消費者庁から新規勧誘などの一部業務の停止命令(9カ月間)を受けた。そのため、解約が急増し、財務や資金繰りが急速に悪化し、事業継続が困難な状況に陥った。

【Yahoo!ニュースより出典】

消費者庁から新規勧誘などの一部停止命令(9カ月)が
非常に大きかったんですね。

そうなると、会員の方はいったい…

どうなっていくのでしょう?

スポンサードリンク

破産手続き開始決定のお知らせ

こちらはエターナルラビリンスのHPには

こんな一文が…

「破産手続き開始決定のお知らせ」(pdfファイル)

これによると、

「前払金返還請求債権」「解約金返還請求債権」の配当は

厳しい状況ですので、一般社団法人日本エステティック経営者会

による優遇措置が見込めるそうです。

その内容は

消費者の保護を最優先に協議を重ねた結果、 当会の理事である株式会社ミュゼプラチナム(以下「ミュゼ社」といいます。)にて、一定条件のもとで 会員様を受け入れることが決定致しましたのでここにご報告いたします。 なお、本来ミュゼ社には、GB 社(グロワール・ブリエ)及び MP 社(ミスプレミアム)とご契約をされている会員様に対してサービスを提供す る義務はございませんが、昨年 9 月の基本合意締結以来、ミュゼ社は親会社である株式会社 RVH と共 に、GB 社及び MP 社を支援してきた経緯もあることから、少しでも会員様の被害を軽減する為に、今 般の優遇措置をご提示いただいた形となります。 お手入れを継続して受けていただくためには、会員様にも一定の条件やご負担が生じますので、以下 の優遇措置についてご確認の上、ご検討いただきますようお願い申し上げます。

【日本エステティック経営者会より出典】

一定条件をクリアすると、変わらずサービスを受けることが
可能となりました。

これでひとまず返金はほぼ不可能となっても、サービスは受けられる

ということで、ちょっとだけ安心といえそうです。

スポンサードリンク

まとめ

破産したエターナルラビリンスは、今後清算手続きへと舵を切っていきます。

そうなると大口債権者が優先されてしまうために、一般会員まで

絶対に手が届かないことが予想されます。

ちなみに、ミュゼプラチナムにこの件を問い合わせてみると、

「こちらではわかりかねる」との返答がありました。

エターナルラビリンスの公式サイトで今後どうするか

発表があるかも知れませんね。

 

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。