任天堂スイッチのソフトは苦い!成分や舐めて害はある?

この記事は2分で読めます

任天堂スイッチが発売された今日、苦み成分であるデナトニウムベンゾエイトっていう成分気になりました。

こんにちはノリスケです。

デナトニウムベンゾエイトって?苦み成分だそうですが…

スポンサードリンク

味見しちゃダメってありますが、苦いのと誤飲防止のためとありましたが、果たして。

デナトニウムベンゾエイト

化学は全くの苦手ですので、説明できないのですが…

こんな記述がありました。

人が口にすると、非常に強い苦みを感ずることが知られており、

ギネスブックにも、最も苦みの強い物質として記載されている

【ウィキペディアより出典】

それは世界最強の苦み成分だというのは理解しました。

苦いという認識があるだけで、誤飲どころか舐めてみようという気にすらならない

のですが、世の中には舐めてみたという人が続出しそうな気がしますね…

YouTubeであったりして。

やはりいた

いましたね。やはり…

動画で説明していますがかなり苦いそうです…

全然イケる苦さとこの方は言っています。

(舐めちゃダメです)

目的は誤飲防止

任天堂スイッチのソフトは小さいので、誤って口にする人がいた場合、苦いので

すぐに吐き出しそうですね。

塗ってあるのはソフトのカートリッジ部分だそうです。

なお、1億分の1に希釈しても苦みを感じられるそうですよ。

強烈な苦みをもつようですが、健康に害はないようで、これまでも誤飲防止として

SDカードや乳幼児用玩具に素材として使用されていたようです。

Yahoo!ニュースによると

あくまでもゲームソフトであって味見をしないよう呼びかけていました。

ツイッターを見ていると続々苦いと味見をした方々のつぶやきが…

スポンサードリンク

まとめ

3月3日ひな祭りの今日発売された任天堂スイッチ。

予約の時にはかなり様々なことがありました。

マイニンテンドーストアで予約しようとしたらサーバーがダウンしたりしましたし…

それでも時間の経過とともに、多くの方が手に取ってゲームを楽しめるようになると

また、面白さなども伝わってくるのかも知れません。

私も早く購入して子供一緒に遊んでみたいです!

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。