ボウイ(BOOWY0807)の看板が高崎駅に!意味や謎についても

この記事は2分で読めます

今ネットで話題になっているのがBOOWY。
Yahoo!の急上昇ワードランキングをみるとかなりざわついているようです。
こんにちはノリスケです。

【追記情報】6月11日

まとめの欄に追記情報をのせました。

なんとアルバムをリリースするようです。

 

BOOWYといえば昭和の終わりを駆け抜けた伝説のバンド。

ボーカルの氷室京介さん、ギターの布袋寅泰さん、ベースの松井恒松さん、ドラムの高橋まことさんの4人で、1981年(昭和56年)結成、1988年(昭和63年)解散しています。

昭和世代を生きていた30から40代以上の方ならみんな知ってる伝説のバンドですね。

これは気になりますよね!

もしかして再結成?一夜限りの復活ライブ?

期待は膨らみますね。

今回は高崎駅に突如出現した看板を紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

高崎駅に謎の看板が出現

 

BOOWYファンならこの地の意味するところは当然…

復活ライブか?

しかもここ高崎駅は氷室京介さんの出身地でもありますね。

他には出現していないことを考えると、特別な意味を持っていると

推測されますが…

果たして?

 

スポンサードリンク

 

再結成や復活ライブの可能性?

想像が掻き立てられるばかりでなにもわからないのですが、

35周年の記念イベントがあることだけは確かなようです。

今年2017年8月7日は

特別な日となりそうですね。

ツイッターでも話題となっていますね。

 

東京ドームはこの日空いているそうで…
ドームでのライブ?

日刊スポーツでも

 

記事になっていますね。

いずれにしても何かあることだけは確かですよね。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

謎が謎を呼ぶ高崎駅の看板とその意味。今年は結成35周年

ですのでなにかイベントがあることだけは確かなようですね。

【追記情報】6月11日

収録されたライブよ様子は、

1987年7月31日の神戸ポートピア・ワールド記念ホール

8月7日の横浜文化体育館で行われました。

この2日のライブの全78曲が収録され、

2日分それぞれのセットリストは新たにトラック・ダウン、最新リマスタリング音源にて収録されたようです。

  • 『“GIGS” CASE OF BOOWY at Kobe』(CD2枚組)
  • 価格:3,500円(税込)
  • 発売日:2017年8月7日(月)

 

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。