恋がヘタでも生きてますの原作本がある?キャスト陣についても

この記事は2分で読めます

暖かい日が続くようになってきました。いよいよ春到来かなと感じる今日この頃。春といえば4月からのドラマが楽しみです。

こんにちはノリスケです。

4月6日(木)スタートの「恋がヘタでも生きてます」が楽しみです。

原作のマンガがあるようですね。マンガのドラマ化は結構面白いイメージがあります。

どんなキャストなのかも気になりますし、話題になりそうなドラマかも?

スポンサードリンク

原作本

4巻完結ですね。

茅ケ崎美沙

高梨臨さん演じる茅ケ崎美沙は総合商社の営業部で働くキャリアガール。(ドラマ版ではスマホゲーム会社の設定)

実は恋愛スキルがない、甘えるのがヘタ、誘うのがヘタ

意地っ張りで人に甘えられない「強くて弱い」女

榎田千尋

土村芳さん演じる榎田千尋は百貨店の受付嬢。

子供好き・家事好き・ボランティア活動にも熱心な、更に夢は結婚のお嬢様気質。ルームシェアしている美沙とは正反対のタイプ。

何でも話せる仲。

雄島佳介(田中圭)

ニューヨーク帰りの経営のプロ。

仕事も恋も、欲しいものはすべて手に入れたい、強引さと優しさを兼ね備えた男。

パーフェクトに見えるが、実は恋愛において大きな敗北を喫した経験あり。

橋本司(渕上泰史)

美沙と同じ会社で働くゲームプログラマー。恋愛という概念が基本的にはなく、

女性との関係はカラダの関係だけで充分と思っている。

女はすぐに恋愛しだすと不満を持っている。

櫻井里佳子(内田理央)

千尋(土村芳)の同僚で後輩の受付嬢。

男を手玉に取る術を心得ていて、簡単に男を奪う。

なぜか千尋への敵意を胸に秘めている。

柿谷真吾(小関裕太)

美沙の部下でプランナー兼ディレクター。真っ直ぐの正確で仕事熱心。

部下として男として、尊敬する美沙に認めてもらいたい。

和久井遥香(野波麻帆)

美沙の会社の取引先会社社長。

佳介とは旧知の仲で、性格や過去の事を知り尽くしている。

佳介の抱える恋のトラウマも理解している。

日下部慎太郎(寺脇康文)

美沙とともに「バスキア」を立ち上げた社長。

経営者として優秀だが、自由な性格で一線から退いて悠々自適な生活を目論んでいる。

スポンサードリンク

まとめ

高梨臨さん演じる茅ケ崎美沙とルームシェアしている土村芳さん演じる榎田千尋は

姉妹のように仲良し。そんな二人に転機が訪れます。

美沙がついに理想の男と出会い、千尋は三高の婚約者に二股をかけられていたことが発覚。幸せになるのがイマイチヘタなふたりは愛ある「happy vision」を手に入れられるのか?

という現代に生きる女子必読の書となっているようです。

そういった事も特に関係なしに見ても面白そうな予感です

 

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。