君が心に棲みついたの結末は?(ネタバレ有)原作との相違点についても

この記事は3分で読めます

TBS系で火曜10:00から始まるドドラマ「君が心に棲みついた」は吉岡里帆さん演じる小川京子が、桐谷健太さん演じる吉崎幸次郎に恋をするも、大学時代の元カレの向井理さん演じる星名漣を忘れられずにいるなかで揺れ動いています。

こんにちはノリスケです。

これだけを見ると…

中々昔のことが忘れられない人なんだろうな~

って思うのですが、このドラマはそう一筋縄ではいきません。
今回は原作のマンガから結末を予想してみました。
なお一部ネタバレもありますが悪しからず。

 

スポンサードリンク

 

相関関係から

まずは吉岡里帆さん演じる小川京子と、大学時代の先輩である星名漣、そして合コンで一目ぼれした吉崎幸次郎(桐谷健太さん)の相関関係についてまとめてみました。

 

挙動不審な面が強調されている感の京子ですが原作では?

これには理由がありました。

子供の頃から人前に出ると緊張のあまりパニックになったりどもったりする自分の意見を言えない弱気な性格だったのでした。

更には実の母親から疎まれて、学校でも距離を置かれるばかりで。

ついたあだ名が「キョドコ」でした。

そんな折に唯一心を許し、そして恋をした相手が大学の先輩の星名漣。

しかしこの星名漣はとってもクセ者でした。

京子の心をもてあそび、ひどい扱いを受けていたのでした。

でも…

今までの自分の性格に悩んでいたのを

「そのままでいい」

と初めて自分のことを認めてくれた相手。

受け入れられたものとおもい、いつしか依存的な恋に発展していくのでした。

その後、

星名漣とは距離を置いていたものの、連絡はありました。

 

そんな折に下着メーカーで働き始めた京子が、ある日合コンに出かけて一目惚れした相手が、桐谷健太さん演じる吉崎幸次郎でした。

「ちゃんとした恋愛がしたい!」

と発言したところ…

なんと説教されてしまいました。

しかし…

このことがかえって京子の心に違う意味で響いたのでした。

勢いで告白するも…

フラれてしまいます。

吉崎幸次郎はとんでもない言動の京子に対して遠慮のない言葉を投げかけるも、その裏にある優しさから突き放すことができず助けてしまうのでした。

そんな吉崎幸次郎に対して、自分を変えてくれるのではないかと思い、ひかれていくんですね。

そんな折に再び現れたのが星名でした。

彼は会社の経営を立て直すためにMDとしてやってきたのでした。

この時に京子は実はひどい扱いを受けつつも、

気持ちがまだ残っていることに気が付いたのでした…

ここまで見ると、中々次の展開が気になっていきますよね。

京子の心情がわかるような、わからないような…

 

スポンサードリンク

 

結末は?

 

とっても気になりますよね~。

ここから原作の一部ネタバレとなりますね。

さて下着メーカーで働いていた京子の職場に星名漣が現れて一気に三角関係に。

でもこの時の京子の気持ちは吉崎幸次郎に傾いていたのを知った星名漣は

吉崎幸次郎に接触を図り始め、三角関係は泥沼に。

そんな時に京子と吉崎幸次郎はデートをしたり、お土産をもらった事を素直に喜びます。

その時に、

吉崎幸次郎から星名漣や作家さんを含めてバーベキューの誘いを受けるも

またテンパってしまい、話はお流れに。

 

この時のことを引きずっていた

京子はあろうことか好きだったはずの吉崎幸次郎と距離を置くために

「友達宣言」を

してしまいました。

が、

そんな京子のことをほおっておけないとキス。

2人は付き合うようになります。

ここまでが4巻の流れとなります。

星名漣の過去についてもここでわかるのですが、主人公の京子の視点で書いているため割愛させていただきました。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

ここまでいかがでしたか?

4巻まで出ているのですが、現在も連載中でドラマはどこまで放送されるかは未だ不明の部分がありますね。

 

電子書籍版にははじめての方限定で1冊無料クーポンがついています。

キャストも

  • 小川京子演じる吉岡里帆さん
  • 吉崎幸次郎を演じる桐谷健太さん
  • 星名漣演じる向井理さん

の他に、豪華キャストともいえる

吉崎幸次郎の編集者にムロツヨシさん

デザイナー役で鈴木紗理奈さん、瀬戸朝香さん

星名漣に恋する飯田彩香演じる石橋杏奈さんと今から楽しみですね。

 

新たな情報が入り次第どんどん追記していきます。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。 [contact-form][contact-field label='名前' type='name' required='1'/][contact-field label='メールアドレス' type='email' required='1'/][contact-field label='ウェブサイト' type='url'/][contact-field label='メッセージ' type='textarea'/][/contact-form]

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。