冬彦さんが再脚光!「あなそれ」の涼太(東出昌大)との共通点は?

この記事は2分で読めます

東出昌大さん演じる涼太「あなたのことはそれほど」で怖いと話題になっていますね。

こんにちはノリスケです。

奇しくも同じTBSで平成4年(1992年)に「ずっとあなたが好きだった」で佐野史郎さん演じる冬彦さんのようだと、ネット上でちょっとした話題にもなっているようですね。

今の20代の方からすると「冬彦さん?」となるようですが、

当時は佐野史郎さんのマザコンキャラはとても強烈でした。

今回はそんな東出昌大さん演じる涼太と、佐野史郎さん演じる冬彦さんの共通点など探っていこうと思います。

【関連記事あり】

原作などの紹介もしていますので、よろしかった併せてご覧ください。

 

この時の奥さん役は賀来千香子さん。さらに、姑役に野際陽子さんと、当時旦那と姑に挟まれた賀来千香子さんが可哀想…
ではなく意外と佐野史郎さんがキモイ!的な話になっていたのを覚えています…

 

スポンサードリンク

 

涼太(東出昌大)は?

 

この携帯チェックは怖いです…(-_-;)

人の狂気って目に現れますね。

佐野史郎さんもまったく同じでした。

目がイッテると人間性にも表れてきそうで怖いです…

 

スポンサードリンク

 

冬彦さんは?

佐野史郎さん演じた「ずっとあなたが好きだった」は元々、ロミオとジュリエットのようなドラマ設定だったそうです。

ストーリーは、

賀来千香子さん演じる美和と、布施博さん演じる元恋人洋介が結ばれそうで結ばれず、お互い数年後には他の人と結婚するも、昔の恋人とよりを戻す…内容でした。

途中までは、マザコンの設定ではなかったそうですね。

当時ネットもなかった時代、色々と話題になるうちに路線が変更するというのも、口コミの強さというものがいかに凄かったかというのを思い知らされるような気がします。

共通点は

こうしてみると、涼太も冬彦もお互いに家庭を持ち、

ちょっとした妻の行動から不信感を募らせていくということ、

束縛するといった行動は似通っているのかも知れませんね。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

佐野史郎さん演じた冬彦さんは、「冬彦さん現象」とまで言われて、その年の流行語大賞にも選ばれました。

東出昌大さん演じる涼太はどうなっていくのでしょうか?

 

今回はネタバレはありませんでしたが、最終回に向けてどういった展開になるのかも気になるところ。

更に原作を見て、ドラマと原作の相違点などを見比べてみるのも面白いかもしれませんね。

【関連記事はこちら】

あなたのことはそれほどの原作はある?波留やキャストも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。