SoftBank Airの評判2018まとめ!口コミやメリットデメリットを調べてみた

この記事は3分で読めます

工事不要ですぐに使えると評判のSoftBank Air(ソフトバンクエアー)ならWi-Fiをつなげて楽しむことができます。

特にこれから引っ越しなどの環境の変化で使う用途のある人は必見です!

こんにちはノリスケです。

 

キャッシュバックもついてくるのは非常にうれしいですよね。
今回はSoftBank Airの評判や、口コミなどをまとめてみました。

 

SoftBank Air

 

SoftBank Airの概要

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)は自宅のコンセントにつなぎ、電源を入れるだけで簡単に利用できるWi-Fi端末を使用したインターネットサービスですね。

特別な設定も必要なく毎月定額、データ制限を気にすることなく利用できるというのがメリットですね。

通常であればWi-Fiの工事って必要なんですが、初期費用が少なくて済むというのが、これから引っ越しなどの環境の変化がある方にはメリットが結構ありそうですね。

 

uskさん(@usk6066)がシェアした投稿

 

スポンサードリンク

 

口コミも調べてみた

 

 

これ以外に否定的な意見もありますが

でも…

Wi-Fiってつなげる回線が多いほど遅くなるのは当然、

また、Wi-Fiとの距離があるだけでも遅くなったりしますね。

こちらの記事も参照してみてください。

Wi-Fiが自宅マンションで遅い原因や理由は?対処要領についても

意外とちょっとした理由というの多いようですね。

更に動画などの大容量のデータ送信をする場合、元々電波が悪い地域だと更に遅くなってしまうというのはありそうですよね。

 

SoftBank Air

デメリットはある?

やはりどんなものでもメリットデメリットはつきものですね。

SoftBank Air最大のデメリットは持ち運びができないという点。

これは設置型なので、もし持ち運んで他の場所で設置すると電波法違反となりますね。

さらに、Wi-Fiに4台以上接続する機器がある場合は遅くなるので、光回線に変えた方がよいようです。

 

メリットについて

以下導入する際のメリットについて調べてみました。

個人的には、使う環境によって変わるので一概に言えないのですが、使うシーンを思い浮かべながら考えてみてくださいね。

 

通信料制限がない

最大のメリットはなんといっても、通信料の制限がないということが挙げられます。

WIMAXなどのモバイルルータは持ち運びは出来るものの、1カ月で7Gもしくは3日で1Gを超えるようだと通信制限がかかります。

設置型なので持ち運びができないデメリットはありますが、引っ越しなどの環境の変化があった場合、引っ越し先のWi-Fi環境を考えると、家を建てた場合は別として単身なら、これ1台で事足りるんですよね。

逆にモバイルルータだと、最近のデータプランは20Gとか50Gの大容量になってきていますよね。

そうであれば、家ではWi-Fiで楽しみ、外で使う時に自分のデータ分を使用すると無駄がなくなりますよね。

 

 

他社スマホでも使える

ドコモやauを使っているとこういったSoftBank Airのような機器ってないので、携帯をソフトバンクで使っていたら更にお得ですが、意外と知られていないのが、他社携帯でも全く問題なく使えるんですよね。

 

設定・導入が楽

家庭用のルーターと比べて工事がいらないというのが最大のメリットですが、

それ以外にも、コンセントをつないでパスワード設定のみというのも便利ですよね。

光回線など工事が必要な場合は、時期によってしばらく時間がかかることもしばしばですが、工事なしなのであっという間につなげることができるというのは、私含め機械音痴の人にもおススメです。

しかもネット申し込みだとキャッシュバックがついています。

店舗申し込みだとついてこないこともあるようです。

SoftBank Air

まとめ

いかがでしたか?

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)の評判や口コミ、またメリットデメリットと色々ありますが、

最後にキャッシュバックがついているというのも嬉しい特典ですよね。

これを知らずして代理店に行っても、特典はついてこないことも多いようです。

これを機に導入を検討している方への参考となれば幸いです。

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。